すばらしすぃ~~日々

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グラディエーター 現代のアクロバット機の性能

スポンサードリンク

運用目的が全く異なるので一概に比較出来るものではないと思いますが、現在アクロバット用に使用されているピッツ・スペシャルやYak-50などが、もしも模擬で空中戦をやるとしたら、どのあたりの戦闘機と互角に渡り合えるのでしょうか。

最高速度からすれば九五式戦闘機や、グラディエーターあたりと互角ですが、エンジン馬力などは第一次大戦期の戦闘機クラスですよね。

やはり巴戦とアクロバットではかってが違うかな。



> 想定は模擬格闘戦として巴戦に限定し、相手の後方に如何に

> 巧みにポジショニング出来るか、を考えてみたいと思います。

 う~ん、その想定は無理があると思うのですが。というのも、

最初から巴戦の形になるわけはなく、いかなる形であれ2機が

離れた状態から接近して交戦状態に入るわけですから、巴戦に

なるには「 速度差がない 」という条件が必要です。

 その条件下で考えるなら、現代に近い航空力学で設計された

機体のほうが運動性能は高いわけですから、縦方向のみならず

横方向の離脱性能で上回るピッツが有利でしょう。

 ついでに言えばエンジンの信頼性も重要でして、エンジンを

限界出力で回し続けたら、WW2 以前のエンジンはすぐヘタって

しまうことが用意に想像できます。とくにレシプロはオーバー

ヒートしたら完全にアウトなので、やはりピッツが有利でしょう。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。