すばらしすぃ~~日々

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウオッカ ウオッカ凱旋門の可能性?

スポンサードリンク

ウオッカはまるで牡馬並だと思います。ダイワスカーレットがその基準

として判断になると思いますが、アドマイヤオーラとウオッカとは

ほぼ同じではないでしょうか?

3才牝馬で凱旋門賞なら相対的に斤量面でも有利ですし十分勝ち負け

が期待できると思います。もし桜花賞圧勝ならダービー(オークスではなくて)に出走しそこでもで快勝するようであれば秋華賞、

エリザベスは捨てて是非とも凱旋門へ出てほしいです。夏には渡って

一度現地でレースすれば尚良いと思います。ダメだとおもいますか?



私の中で最強牝馬は94年に重賞6連勝などを成し遂げた外国産牝馬のヒシアマゾンです。

まさに女傑でした。しかし4歳(今の3歳)最後の有馬記念では3冠馬のナリタブライアンには勝てず2着でした。

ナリタブライアンとディープインパクトを比較した場合、ディープインパクトに軍配が上がると思います。(武騎手は両方に乗っています)

そのディープでさえ勝てなかったレースが凱旋門賞です。

有馬記念を見ても、古馬に比べ3歳は斤量面で有利ですが、それでも勝てません。

斤量でさらに有利な牝馬が勝った記憶すらありません。

斤量差だけでは判断ができませんが、史上最強の牝馬以外勝ち目がないのではないかというのが私の考えです。

よほど自信があるとしても、陣営は環境のガラリと変わり、莫大なお金のかかる海外挑戦より、ダービー挑戦まででしょう。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。