すばらしすぃ~~日々

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

爆破レンジ 戦艦大和の沖縄出撃について

スポンサードリンク

戦艦大和の最後の戦闘となりました沖縄への菊水作戦のことでお尋ねします。

このときの日本軍の編成は大和の他に巡洋艦1隻、駆逐艦8隻なのですが、この時点ではまだ、それら以外にも艦艇があったはずなのに(たとえば戦艦だけでもまだ4隻残っています。)なぜこの戦力だけで出撃したのでしょうか。

どうせ乾坤一擲の大勝負を挑むなら持てる全ての戦力を注ぎ込めば作戦の成功の可能性も上がったと思ってしまいます。

自分なりに考えた理由ですが、

1、日本に残っていた全ての燃料、弾薬等をかき集めてこれだけ動かすのが精一杯だった。

2、他の艦艇は以前の戦闘で受けた損傷の修理が間に合わず、とても戦闘に耐えられる状態ではなかった。

3、この作戦を計画した海軍首脳部では、この戦力で当然ありうる米軍の妨害を退け沖縄に到着し、当初の目的を100%達成できると判断した。

実際のところはどうだったのでしょうか?



戦艦は5隻ありました。

大和、長門、榛名、伊勢、日向です。

で、なぜ大和だけかといいますと大和と長門が選ばれましたが長門よりも攻撃力で大和のほうが迫力があるということで大和が選ばれました。

あとの伊勢、日向はすでに完全な戦艦ではなく航空戦艦というものに改造されていましたので攻撃力がかなり落ちていましたし形式もかなり古いものでした。

榛名はシンガポールにいましたのでマッラッカ海峡を通らねばならず危険だということで除外されました。

ですから消去法で大和が選ばれたのです。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。